会社概要 採用情報 製品情報 インフィニティ NEWS お問い合せ HOME E-MAIL

 
 
 
 









最近では、若い人を中心に湯ぶねに入らずにシャワーだけで済ませてしまうという人が増えているようです。
「風呂に入ると血行が良くなったりリラックスできたりというのはわかるけど、要は清潔になればいいのだから」と言うのですが・・・
ところがこれは大きな勘違い。
実は、「清潔に」という点で比べても入浴とシャワーでは雲泥の差があるのです。
イラスト



なぜお風呂に入ると疲れがとれるのか?

日本人は昔から風呂好き民族として知られています。それは「入浴」が体を清潔にするだけでなく1日の疲れをとって心身をリフレッシュさせたり寒い季節には体を温めるなど様々な効果があるからでしょう。
入浴にはなぜ疲労回復効果があるのでしょうか。入浴して体が温まると心臓の拍動や呼吸が速くなり血液循環が良くなります。そうすると血液の中にどんどん酸素が取り込まれるようになるからなのです。





◆入浴の効果(1)◆ ◆入浴の効果(2)◆
イメージ イメージ
入浴前と10分の入浴後の血液。入浴後の血液の方が鮮やかな赤になっている。これは入浴によって、血液循環がよくなり、血液中の疲労物質が排泄され、酸素をたくさん取り入れたためである。
上のグラフは、血液中の乳酸の量が、入浴によってどれぐらい変わるかを調べたもの。入浴前と、10分間の入浴後を比べると、約1/3に減っていることがわかる。



TOP 商品の特徴 ラジウム温泉効果/浄化・抗菌剤 入浴健康法

レジオネラ属菌Q&A お問い合せ


Copyright (C) 2001 INFINITY JAPAN. All Rights Reserved.